海外修業の大きなきっかけ

海外修業の大きなきっかけ

海外修業の大きなきっかけ

次々と海外へ修行の旅に行くコックが増えていると言っても、60年代はよっぽどの幸運が無ければそのようなチャンスは滅多にありません。ましてやフランスは敵対国だったわけですから、前述の坂井や勝又、酒井の最初の修業先が、フランスではなくオーストラリアやオランダだったのも裏付けますよね。

 

しかし、そうした日本の状況を変える大きなきっかけをもたらした1人の外国人が現れるのです。それが『横浜ホテルニューグランド』で総料理長として活躍したサリー・ワイルでした。戦後、スイスに帰国していたワイルはニューグランド時代の弟子達の招きによって1957年に日本に来日することになります。そこでは約1カ月歓待を受けるのですが、滞在中の旅費など全てが弟子たちの寄金ということを知り、大変感激したそうです。

 

弟子たちから海外に渡って修業を積みたくても積めないでいるコックたちがたくさんいることを知らされたワイルは、スイスのレストランやホテルで日本人を雇ってもらえないか掛け持ってくれました。そして、受け入れてくれるレストランやホテルが見つかると事前に話を取りつけ、自分の補佐をしていた荒田勇作に連絡していたようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ