日本人コックの評価

日本人コックの評価

日本人コックの評価

彼らもまた、海外修行者の第一期生であり、フランス料理界を日本に広めたシェフたちなのです。ワイルが斡旋してくれた日本人コックたちは高く評価され、当時荒田勇作が結成していた「国際調理師技術協会」というコックの組織が、ヨーロッパ十六カ国司厨士連盟への加入を認められたのをきっかけに、ますます日本人の海外修業の場は広がっていきました。

 

日本人の渡欧者たちの世話をしてくれたワイルは、彼らから親しみの意味を込めて“スイスパパ”と呼ばれるようになりました。この交流は、1958年に結成された日本司厨士協会に国際調理師技術協会が参加したことで引き継がれ、「スイス調理師派遣団」として近年まで受け継がれてきたことは言うまでもありませんよね。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ