ファーストフードと言えば『マクドナルド』

ファーストフードと言えば『マクドナルド』

ファーストフードと言えば『マクドナルド』

ファーストフードと言えばやはり『マクドナルド』が有名ですよね。日本のマクドナルドの創業者である藤田田(でん)は、東京大学在学中から輸入雑貨商の「藤田商会」を経営し、成功を収めていました。そこに、アメリカのマクドナルド社長のレイ・クロックが日本への『マクドナルド』進出を考えていたところ、藤田氏と出会うことになったのです。

 

当時の藤田氏は、貿易で既に成功していたこともあり、はじめは“水商売同然の飲食”に興味はなく、ハンバーガを食べても格別美味しいとは感じなかったそうです。しかし、かなり強引な方法かもしれませんが、あくまでも日本主導でフランチャイザーであるアメリカ本社からの命令は一切受けないという、フランチャイズ契約としては前代未聞の契約を条件にし、藤田氏はレイ・クロック氏と合意することにしたのです。

 

日本マクドナルド株式会社を立ち上げた藤田氏は、「ハンバーガーをファッションにする」をコンセプトになんと銀座に一号店を出店。アメリカでは郊外に出店していたので、異例中の異例だったようです。「ハンバーガーはモダンでファッショナブルなフード」というイメージを確立することで、日本へのファーストフードを定着させました。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ