東京のホテルと料理人

東京のホテルと料理人

東京のホテルと料理人

日本でホテルが続々と建設されていったのは1964年に東京オリンピックが開催されることが決まってからでした。現在帝国ホテルと並んでホテル御三家と呼ばれるホテルはこの頃に建てられていて、1962年にホテルオークラ、1963年にホテルニューオータニが建てられました。「帝国ホテル』の創立メンバーの一人である大倉喜八郎の息子・大倉喜七郎が、「ホテルオークラ」を作り上げました。そしてホテルオークラが作られた時のコンセプトは、「帝国ホテルを超えるホテル」とのことです。

 

パリでも修行を積んだ帝国ホテル出身の長峰六郎が調理の総責任者になり、ニューグランド出身の小野正吉が次長に就任しました。そして大谷米太郎によって作り上げられたのが、ホテルニューオータニで、「日本一のホテル」をコンセプトとしています。ここは中央亭出身の小林作太郎がレストランの初代料理長に就任しました。

 

東京プリンスホテルには、ニューグランド出身の木沢武男が料理長に就任しましたが、東京プリンスホテルは、1964年に西武グループの資本により作られました。潟vリンスホテルの全てのホテルのレストランを統括する総料理長という立場に木沢はなり、非常に大きな成功を納めたとのことです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ