戦後のコック修業

戦後のコック修業

戦後のコック修業

敗戦国だった日本は、戦後しばらくは個人の海外渡航は厳しく規制されていました。今では、役所に行ってパスポートを申請すれば良いだけの話ですが、当時は渡航先の国の大使館で面接まで受けなければ渡航許可は認められないほど厳しかったのです。ましてや料理修業のために個人で渡欧するというのは、極めて困難なことだったのです。

 

大手のホテルでは海外研修も行われていたようですが、それもまた奥深くまで…とはいかず、修行というよりもあくまでも期間限定の“研修”という認識だったようです。そして年月が経ち1960年代。ようやく本物の“修業”としてコックが海外に渡ることが出来るようになりました。

 

大井町 居酒屋

 


ホーム RSS購読 サイトマップ