日本のレストラン文化が変わるきっかけ

日本のレストラン文化が変わるきっかけ

日本のレストラン文化が変わるきっかけ

日本経済が高度成長を迎えたころ、人々の所得も高まり、以前よりもフランス料理など西洋料理が身近なものとなりました。しかしそれでも『帝国ホテル』のような一流ホテルのレストランや、『クレッセント』、『マキシム・ド・パリ』のような本格レストランは、一般庶民にとって夢のまた夢…のような存在には変わりはなかったのです。西洋文化・そして西洋料理が一般の人々にとってより身近な存在となったきっかけは、1970年に開催された「日本万国博覧会」(大阪万博)でした。この万博を機に、日本のレストラン文化は大きく変わっていくのです。

 

町田市で葬式

 


ホーム RSS購読 サイトマップ