「すかいらーくグループ」の始まり

「すかいらーくグループ」の始まり

「すかいらーくグループ」の始まり

1970年代の大阪万博で見事、大成功を収めたロイヤル。その後に続くかのように、外食ビジネスが急展開するようになりました。代表的な企業としては、同年7月に開業したファミリーレストラン『スカイラーク(現・すかいらーく)』があります。「すかいらーくグループ」と言えば、今では世界に名が知れているほど大きくなりましたが、その始まりは東京の多摩郡、ひばりが丘団地に開いた小さな乾物屋からでした。

 

開業したのは、横川端、亮、竟、紀夫の、“横川四兄弟”。横川四兄弟は、1962年に「鰍アとぶき食品」を創業。当初は食品スーパーとして運営していたようですが、運営が上手くいっていたのもつかの間、ダイエーやイトーヨーカドーをはじめとする大手食品スーパーの波にもまれ個人事業では太刀打ちすることが出来なくなってきました。

 

そうして新しいビジネスを模索していた頃、1969年に日本リテイリングセンターの主催で開催されたアメリカ研修に訪れた兄弟は、アメリカンスタイルの食に魅了されたのです。特に、モータリゼーションによるロードサイド(郊外)型レストランの繁盛ぶりは、彼らに衝撃を与えました。(ちなみに、この時の海外研修には、先のロイヤルや、ホテルオークラ、ホテルニューオータニの経営陣も参加していたそうです)

 

 

不用品回収 横浜なら三楽館


ホーム RSS購読 サイトマップ