海外修行のルートは

海外修行のルートは

海外修行のルートは

日本人コックが海外留学に行くことができたのも、すべては、サリ―・ワイルの仲介のおかげですが、次々と日本人がヨーロッパで修行することができたのも、すべて、サリ―・ワイルのお陰です。

 

当時の海外留学は、初めに中立国のスイスに渡って修業を積み、そこで労働証明書を取得することをしてから、フランスに渡って修行をするというのが一般的でした。スイスは、一部の地域にはフランス語圏の地域もあるほどフランスと近い国で、フランスの隣国であった為に、スイスに行ってからフランスに行くといことが料理人の間で行われていました。

 

横浜ロイヤルパークホテル初代総料理長の中西鉄治、三鞍の山荘の今井克宏、京都ホテル総料理長の堀田貞幸、ホテルオークラ総料理長の根岸規雄、第一ホテル総料理長の快勝院孝士、ホテルオークラ料理長の大庭巌などが、60年代に、こうしたルートでヨーロッパで修行していました。二葉製菓学校校長の加藤信や、シェ・イノの井上旭は、スイスに渡ってワイルの世話になりましたが、こちらの方は他の人とは少し違うルートであるとのことです。


ホーム RSS購読 サイトマップ