『ロイヤルホスト』の始まり

『ロイヤルホスト』の始まり

『ロイヤルホスト』の始まり

江頭はアメリカから手法を学び、1962年に日本で初めての集中調理加工場(現在のセントラル・キッチン)を建設しました。そこでは最新の冷凍技術を活用することで、店舗数を増やすことに成功。ノウハウを蓄積していったと言います。

 

技術と手間のかかる仕込みや一時調理を一か所で集中調理し、そこに冷凍技術を組み合わせて店舗に配送し、店舗では簡単な仕上げ調理のみをするようにしたのです。これにより、特別な知識や技術が無くても、高品質な料理を提供できる場を作り上げたのでした。そして1969年には、『ロイヤルホスト』(ただ、当時は今のようなファミリーレストランではなく、焼肉とハンバーグの店)の一号店を福岡の大名に開業し、成功しました。

 

東京のライブハウス
さいたま市/埼玉県のライブハウス・ジャズバーリスト


ホーム RSS購読 サイトマップ